注文枚数は最低何枚から?

集客効果を上げるのぼり旗の使い方 のぼり旗を設置するためには、どのようにして手に入れることが出来るでしょうか。


既製品を購入することもできますが、お店独自のPRをしていきたいのであれば
オリジナルのぼり旗を作るようにしたほうがいいでしょう。


オリジナルのぼり旗を作るのであれば、インターネットで
注文をすることが出来ますので、思い立ったらすぐに行動に出ることです。


インターネットを使ってオリジナルのぼり旗を作る場合には、最低でも
何枚から注文することが出来るのでしょうか。必要な分だけ


一枚だけ欲しいと思っているのであれば、
一枚だけという選択をすることもできますので
いろいろなnoboribata.net(のぼり旗ネット)でオリジナルのぼり旗を作ってみるのもいいでしょう。


しかし実際には、一枚だけ注文をした場合には、またすぐに再注文をすることになるかもしれません。


一枚しか注文をしなかった場合には、その一枚を屋外に設置し続けることで、
汚れや破れが目立つようになってきます。


そうなった時にはそのままにしておくわけにはいきませんので、
新しいものに変えて設置した方がいいでしょう。


追加で注文するよりは、まとめて注文をしておくほうが単価を安くしてくれる場合があります。

多めに注文


依頼する枚数が多ければ多いほど単価が下がる傾向にありますので、
後から追加注文をすることを思えば、最初にまとめて注文をするようにしておいた方がいいでしょう。


しかし使いきれずに処分することにならない程度の枚数にとどめておくようにしなくてはなりません。
業者によっても異なりますが、大体は10枚単位で1枚にかかる製作費用が変ってきます。

「そんなに必要ない」と思われていても、安くするために多く注文した方が良い場合もありますので、
いくつかの会社を比較してみると良いでしょう。

軍隊を誇示する武士の旗がルーツ!のぼり旗の歴史

 

街中を歩いていると飲食店や選挙の際などに長細い棒のようなものに長方形の旗がついたものを
目にすることがありますが、その名称を「のぼり旗」と言います。

現在ではのぼり旗は宣伝として使用されることが多いのですが、その歴史は古く平安時代は
自軍と敵軍との識別のために使用されたものでした。

 

しかし平安時代の場合、長い棒に布を吊り下げたタイプの流れ旗でした。

その後、室町時代に識別を容易にしたのぼりが発案されます。
室町時代は戦国の世となり、同じ一族間での対立が増えるようになりましたが、
同じ一族同士の争いの場合、流れ旗も同じため、敵と見た方の識別が難しくなりました。

 

そこで吊り下げた布ではなく、布の長辺と上辺を旗竿に結び付けたのぼりが登場したという訳です。


また、のぼりは流れ旗と差別化しただけでなく、小型化も可能にし管理がしやすかったため、
徐々に日本中に広まっていきました。


このようにのぼり旗は軍旗として発展したものでした。